fc2ブログ

生えていても倒れていても関係ないのでございます~!&多肉植物の防寒対策2023!!

DSC_9841_00001.jpg

ましゅうちゃんのお部屋の朝のお掃除と、おめめのお手入れが終わると
おやつのお野菜をいただきます。
今日はにんじんさんと、春菊でございました。
ましゅうちゃんがにんじんさんをいただいている間に
もけもけマットに春菊を刺して立たせてみました~(*´艸`)
これが自然の姿ですものね~。
そう考えると、ましゅうちゃんは 『生えている草』 を
一度も召し上がったことがないのだわ~・・・

DSC_9844_00001_2023120118541266a.jpg

がるるるるる~~~(≧∇≦)
生えていようが、倒れていようが、全く関係ないそうです~(。→ˇ艸←)プククッ☆
そうよね!おいしくいただくことができればいいのよね~☆ヽ(▽⌒*)♪

🌵

さて今日は、多肉植物の防寒対策のお話をいたします。
多肉植物に限らず、寒さにちょっと弱い植物の防寒にも
お役に立てるといいかな~と思います(*´艸`)

多肉植物を育てていると
一日中日が当たるお庭が欲しいな~!とか
雨が当たらない屋根のある場所が欲しいなあ~とか
夏は涼しく冬は寒くない場所があるといいのに~とか
いっそ加温設備のある温室があるといいのになあ~!!
などと
なかなか難しいことだとはわかっていても
憧れてしまうものなのですよね~(*´艸`)

りおん地方は、暖地と呼ばれる地域で
海が近いため、台風の影響を受けやすく
冬は西からの強い季節風がずっと吹き続けます。
この季節風のおかげで霜が降りにくく、無降雪地帯で
氷点下になることはまれです。
風が吹かない日は、ぽかぽかと暖かいです。

数年前、わたくし簡易ビニール温室を購入いたしました。
その頃は多肉用にというより
ハイビスカスや、ちょっと大きな鉢もので
お部屋に取り込むには場所を取りそう~💦というものを
入れておくために用意いたしました。

DSC_3312_00001_20231201192445e4a.jpg

こんなに大きなビニール温室が、1万円以内で購入できるのですから
利用しない手はございません!!
日が当たっている昼間は、中の温度がかなり上がるので
入口は開けっぱなしにしておかないと、夜との寒暖差で
植物が痛んでしまいます。
でも開けておくと、野良猫さんが中でお昼寝していたりするのですよね(*´艸`)
冬は強い季節風(西風)がずっと吹き続けるので
地面に付く部分のフレームを軽量ブロックに固定して使っておりました。
ところが・・・
嵐のような強風の日に倒壊してしまいました・・・
。。。_| ̄|○
フレームもよじれて曲がってしまい、処分するしかありませんでした・・・
風を受けるビニール面に対して
フレームがあまりにも華奢すぎるのですよね・・・

ちいさなビニール温室も使ったことがありますが
よほど風が当たりにくい場所を選んで設置するか
本体ごと何かに縛り付けて固定しないと
風にあおられると、ぐらぐら揺れて、最下段には鉢を置けるけれど
上段には危なっかしくて置けない という状態でした。
ちいさいスチールラックを買ってポリカ波板や
テーブルクロス用の厚手ビニールなどで囲うなどの方が、よほど安定すると思います。
風の力は想像以上にすごいです。
風があまり強く吹かない場所なら、便利に使えるかもしれないですね!
でも保温性はないので、寒い地方の夜は移動が必須ですね!

では、多肉も増えた近年はどうしているのか?というと

DSC_9853_00001_20231201185321e3a.jpg

メインの防寒は、不織布です。
あら~昨日あわてて設置したので、めくれてしまっています💦
ここは家の東側、西風が防げる場所です。
バルコニーの下なので、霜の心配はあまりないのですが
風向きによっては霜が降り込んできます。
雨予報の日は、この上にさらにぷちぷちをかぶせます。
濡れるともっと冷えますからね~~~ガクガク((;OдO))ブルブル

DSC_9858_00001_20231201185327549.jpg

さらにこのようなものも使います。
フルーツネットや、発泡スチロール系のものや
アルミシート。
アルミシートは、冬の弱い光を少しでも増幅してくれるのでは?
という期待も込めて使っています゚。(*^▽^*)ゞ

DSC_9862_00001.jpg

寒さに弱いアロマティカスの鉢にフルーツネットをかぶせて。

DSC_9871_00001.jpg

根を冷やしたくないサボテン類の育苗ケース内にはアルミシートを敷きます。
育苗箱は、通気性良く穴だらけなのです゚。(*^▽^*)ゞ

DSC_9454_00001.jpg

いくつかの育苗ケースには、夕方に育苗用の専用カバーをかぶせます。
これは今年初めて導入しました!!
上部に通気のためのちいさな穴があるのですが
ふつうの雨ぐらいならあまり入り込むこともないので
雨の日のケース移動をしなくて済むようになりました。

DSC_9875_00001.jpg

育苗ケース以外のものは、直接不織布をかぶせます。
・・・あら?あらら~?ちょっとまって~?

DSC_9861_00001.jpg

・・・なんだか蕾らしきものがあるのだけれど・・・
お写真ではわかりにくいですが、ピンク色のものがあるのです・・・
今から咲くおつもりかしら???

りおん館の多肉置き場は、家の東側バルコニー下 と 
南向きウッドデッキ、お2階バルコニーの3ヶ所です。
お2階バルコニー以外は、冬は前の家の影になり
9時半ごろから2時ぐらいまで、日が当たらなくなってしまいます💦
一番おひさまが欲しい時間帯ですよね~・・・
1月に入って少し過ぎるまで、その状態が続きます。

DSC_9856_00001.jpg

もうひとつ、便利用品のご紹介♪
ダイソーさんのデジタル温湿度計。
時計売り場にあったのですが、表示の一番上に
温度と湿度が表示されています。
ボタンを押すことで、その日の最低気温湿度 と 最高気温湿度が
表示されます。
毎日0時になると自動リセットされるので、とても便利です。
ちなみに、最低気温5℃予報だった今朝の多肉置き場の最低気温は・・・

DSC_9857_00001.jpg

8.9℃でした!
家の東側で風が当たりにくいことと、家の壁際に置いているので
昼間に温められた壁の影響もあるのかもしれません。
このように、自宅の多肉置き場の環境によっては
予報とは誤差があるのだと思います。
それを知るためにも、最低最高温度計はおひとつあると便利ですよね!
メーカーものだと、結構なお値段なので(すぐに壊れるし)
趣味で使う分にはこちらで充分だと思います。

多肉の数がまだあまり多くない時は
発泡スチロールの箱に入れたり、衣装ケースやダンボール箱に入れて
昼間は充分日に当てて、夜は不織布や新聞紙をかぶせてふたを閉めて
管理しておりました。
夜だけ玄関など、暖房のない凍らない程度の場所に取り込むのもいいですよね。
そういえば、物置にしまい込んだこともあったわ~(。→ˇ艸←)プククッ☆

寒さに弱いアガベたちは、すでに夜間はお部屋に取り込んでいます。
4ケース半、毎日出し入れしております~(๑•̀ㅂ•́)و✧
このぐらいの量なら苦にならないですね♪
寒冷地で、昼間もあまり気温が上がらない地域なら
暖房を入れないお部屋の陽当りのいい窓辺で管理、など
環境条件によってよい方法を見出す必要がありますよね。

陽当りのいいお部屋の窓辺に置く、というのは
わたしにはちょっと向かないのです💦
以前、冬にお部屋の中で育てたことがあったのですが
暖房を入れなくても昼間は20℃を超えるし、窓は開けたくないし
窓辺に置いても充分な日照が得られないので、どんどん徒長するし
春になってお外に出す時の慣らしがうまくいかずに葉焼けしてしまったり、と
うまくいかないことが多いので、出来るだけお外で管理するようにしました。

とにかく冬は、霜に当てない、凍らせない、水やりを控えるのが
重要ポイントではないかと思います。
あとは、環境に合わせた防寒対策!!ですよね(๑•̀ㅂ•́)و✧
あれこれ試して、自分に合った方法をみつけるのも楽しいですよね♪

今日はバルコニー下の多肉置き場をお片付けしました!!
すっきりしましたよ~✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真・生き物写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング


スポンサーサイト



SHARE

コメント 4

There are no comments yet.
AzTak
2023/12/02 (Sat) 04:49

ましゅうちゃんは、今日も元気で食欲もある。非常に望ましい状態ですね。私も今のところは、そういう状況にあります。『目指せ、90歳突破』でいこうと思います。
寒さに弱い植物の管理はかなりの気配りが必要なようですね。枯らしてばかりで、当該植物さんに申し訳ない気持ちばかりの私。苦手でも勉強しないといけませんよね。

まーず
2023/12/02 (Sat) 11:10

わ~~、ありがとう。
この簡易温室よりもっと小さいのを考えていたけれど
こちらは風が強く吹くことが多いのでなにかで押さえておかなければって
思ってたのよ。
デッキは屋根もあり、北側は壁なので日中は問題ない。
日当たりもいい。
でも、我が家くらいの量であれば発泡スチロールの箱で十分かと。
夕方、箱に入れて保管するのも簡単でいいわね。
やっぱり師匠に聞くのが一番だわ。


baba
2023/12/02 (Sat) 21:29

多肉さんたちのお世話が行き届いていらっしゃるからでしょう
とてもお奇麗ですね~♪

なっつばー
2023/12/03 (Sun) 02:14

ミニ温室は骨組みが華奢で、そこにビニールカバーが被せられると風に弱いのですね。
簡単に管理できるって思ったのは間違いでした~。
使っていないプラのケースがあるので、それを利用してみようと思います。
底に発泡スチロールやアルミシートを敷くと良いのですね。
フルーツのネットも鉢カバーに出来ちゃうんだ~。
面白いし可愛いカバーになりますね。
ベランダ下の南西向きの部屋の前に置いてます。
狭いベランダなので、雨が降ると濡れてしまうのでプラケースの蓋も役に立ちそうです。
色々とありがとうございます。
あるもので工夫してみたいと思います。

うさぎ