fc2ブログ

昨日は帰りが遅くなってしまったので記事更新ができませんでした^^;

DSC_1696_00001_20221127090959b5e.jpg

時期が時期だけに、ご心配をおかけしてしまわないように
取り急ぎ、記事の更新をさせていただきます。

お写真は、2016年12月7日
竜之介くんが8歳の頃のものです。
紅葉が遅いりおん地方の紅葉シーズンは、これからです。

昨日は、父の荷物を取りに&片付けに
実家に行ってまいりました。
5時起きして、9時半に現地着
そこから一気に、お部屋の片づけをはじめました。
途中、お昼ごはん休憩をはさみ、19時まで作業をして
帰路につきました。
自宅着22時半ごろ
じゅうにんたちをなだめすかしつつ、ねんねしていただき
持ち帰った荷物(ワンボックスカーぎっしり)を
運び出し終えた時には、日付が変わっておりました。
大変お疲れだったので、記事更新よりも
睡眠を優先させていただきました。

金曜日に、父の担当医からの病状説明があったのですが
体自体に、病気があるわけではなく、じょうぶで体力もある。
以前肺の一部を摘出しているのに加えて、年齢とともに肺が委縮していくので
常に呼吸が困難状態であること。
嚥下のリハビリをしているけれど、回復が難しいこと。
経鼻栄養は、本人がすぐに管を抜いてしまうので継続が難しいこと。
などを踏まえて、今後の方針を決めて欲しいと言われました。
つまりは早い話が、老衰なのだと思います。
入院後初めて父に、少しだけ会えたのですが
とても苦しそうで、聞くと「つらい」と言うのですよね・・・
ではここから、どうしたらいいのか・・・
決めなくてはいけないのがつらいです。
胃ろうもすすめられましたが、苦しんでいなければ
その選択肢もあったかもしれません。
経鼻栄養も出来ない。
なので今は、点滴栄養でお願いしています。
点滴栄養のみだと、平均2~3ヶ月の生存期間だそうです。
その間、出来る限り痛みや苦しみを軽減することはできるそうです。
何もしなければ・・・の生存期間は聞けませんでした。

父の体に限界が来ているのなら、そのまま自然の成り行きに
まかせたほうがいいのかもしれません。
でもわたしの気持ちの中に、もうすこし一緒に過せるのなら
そうしたいと言う思いもあり、迷っています。
どちらを選択しても、後悔は残るのでしょうけれど・・・

同じような選択をご経験された方
お話しをうかがわせていただけないでしょうか?
お願いいたします。

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真・生き物写真へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


スポンサーサイト



SHARE

コメント 8

There are no comments yet.
お名前は?
2022/11/27 (Sun) 11:08

そうですか。経鼻での栄養補給がうまくいくといいなあと考えていましたが、やはり本人が嫌がってしまいますか。
この期に及んでも相当な頑固一徹ぶりを発揮しているようですね。せめてお父様とスマホを通して会話ができて、管を抜いたりしないようにお願いすることができればよいのでしょうが、…。

bettymimi
2022/11/27 (Sun) 12:14

うちは舅がもう治療のしようが無いからと総合病院から療養病院に移るように勧められ、転院させられました。
胃ろうを選択されたご近所さん、皆さんは親の苦しむ姿を毎日見て、ものすごく後悔されたそうです。
なので舅は鼻からの栄養も選択せず、点滴のみとしました。
療養病院で中心静脈栄養の点滴を勧められ、それに切り替えましたが1週間も持たなかったです。
体に合っていなかったのかも。
逆に血色もよくなり元気になり3カ月以上延命された方もいらっしゃるそうです。
私の場合、旦那も激務で全て任されていたので、とても悩みましたが、自分だったら、治る見込みもない体をいつまでも管につながれるよりは最低限がいいなあと、、。

うらしまMagic
2022/11/27 (Sun) 12:38

こんにちは、初めまして。

私の父は肺癌でりおんさん父と同じように経口摂取が出来なくなって喉にステントを入れたりしましたが、ほんのわずかひと月ほどの期間ですぐに食物が喉を通らなくなってしまいました。
私は父に生きて欲しいと治して楽にしてあげたいとの気持ちの狭間で悩みましたが、看護婦をしていた叔母に胃瘻や人工呼吸器などの延命措置は出来れば止めた方が良いと云われていたので積極的・または強制的な延命の治療はしませんでした。
ですが、そのときも今も後悔はしていません。
ただ、父ともっと話したかった・・・そんな思いだけはありますが。
尤も人工呼吸器を着ければ話など出来ないんですけど。

りおんさん父が今後どのような状況になっていくのかは判りませんが、人はどんな人でも必ずこの世を去らなければいけないんです。
リオンさん父とりおんさん自身が納得できる最善を手探りで選択していってくださることをお祈りします。

ぴょんこ
2022/11/27 (Sun) 12:53

うちの祖母はグループホームから入院に切り替わったとき、3か月くらいで食事が口から取れなくなりました。以降、点滴のみで間もなく亡くなりましたから、グループホームから出てほぼ3か月後に生涯を閉じました。
90歳後半でしたが、半年前には無かった肝臓ガンが見つかり、ああ、人の体の限界なのだなぁ、と思ったものです。死因はガンなのですが、実質老衰だったのでしょう。正常な細胞を作り出せなくなったのだと思います。
母の知り合いで旦那様が胃ろうで十年以上生きられましたが、胃ろうはつけるとはずせないので、病院のベッドでただ体が生きているのみ、と奥様は後悔していたようです。
御本人も外出や好きな食べ物を味わうこともできませんでした。
悩みは尽きないと思いますが、鼻の管を外してしまうのは、お父様の意志だと思います。
我が家も同じ状況なら、延命ではなく緩和ケアに移行すると思います。
お父様との時間を大切になさってください。
わがままもできるだけ叶えてあげてください。

荷物の整理、お疲れ様でした。
やること満載でパンクなさいませんように。

ヤス
2022/11/27 (Sun) 12:54

家内のお父さんが癌で似たような状態です。癌の延命治療はしないとしていますが、当然なにかしら具合が悪くなると病院に行きます。一度具合が悪くなって病院にいったら医師や看護師さん達はとりあえず入院で治療をするつもりだったようですが事務の人が来て「延命治療をしないのでしょう。」と追い返されたことがあるそうです。別に癌が原因で具合が悪くなったかどうもわからないのに。なんか違うでしょうといった気分です。
まぁ、今は数日の短期入院の治療はして頂けているようですが。
義父は二世帯住宅で家内の兄夫婦と暮らしていますが、やはり自宅での介護は難しいとのことでそいった施設を検討中とのことです。

もふもふミッフィー
2022/11/27 (Sun) 13:37

めちゃくちゃハードワークだったんですね。
どうか、あんまり無理を重ねないようにして下さいね。

経鼻栄養は、やはりお父様にとってかなりお辛い状態なんですね。
辛いからこそ、外してしまう。
それはもう自然な反応ですよね。

ただ、それをしないと延命も難しくなる。
つまりは、どちらを選ぶかですよね。
その判断は、お父様ご自身に決めて貰ってはどうでしょう?
まだ少しはお話も出来るようだし、出来れば自分の事は自分で決めたいと思うんですよね。

ウチの場合は、父は状態が悪くなってからはずっと特老に併設されてた病院の方に入院してたので、当然、延命措置として管がいっぱい繋がれて僅かな期間生き延びたけど、その苦しそうな姿を見るのは余りにも辛かったです。
例え、その処置をして数週間生き延びたとして、最後の晩餐が出来るわけでもなく、家族と話を出来るわけでもなく、ただ苦しい思いをする時間だけを長引かせてしまったと、今でも後悔してます。

その経験もあり、母の特老で「延命措置」の確認をされた時には、「積極的な措置はしない」と言うことに全員が一致しました。

おかげで、母が亡くなった時はとても安らかな顔でした。
その日は、私が午前中に付き添い、昼過ぎにやって来た兄と交代して、私は帰りにお昼を食べてたら、兄から「亡くなった」と電話を貰い、すぐに特老に取って帰りました。

私が付き添ってた時には、まだそんなに早く亡くなるとは思わなかったんですが、施設の方が予想された残された時間にかなり近かったので、驚きました。
多分、大好きな兄に見守られて安心して旅立つことが出来たと思います。

もちろん、それぞれの家庭で考え方は違うし、何よりもご本人がどう判断されるかによると思いますので、あくまでも参考までに聞いてくださいね。

まーず
2022/11/27 (Sun) 15:36

お父様、なかなか厳しい状況ですね。
管を抜いてしまうのはもう諦めているのか、これ以上は必要ないと思っているのかしらね。
これはお父様の意思なのでは?

私の両親は必要以上の治療はしないと言うことをずっと言っていたので
痛くないように、苦しくないようにとそれだけどお願いしました。
ただ、母の場合は白血病と肺気腫を患っていたので呼吸がしずらくて苦しいとは言っていました。


義父は認知症もあったので本人の意向はわからず義妹の意向で出来る治療はすべてしましたが
正直、そこまでやって良かったのかと・・・
すべての治療はやったけれど結果、1ヶ月ほどで旅立ちました。
何がいいのかは今でもわかりません。


やはり、妹さんと話し合って納得して決めるのがいいのではないのかと思うよ。
お父様が納得できる結果でなくても苦しくなく、痛みもなく過ごせるなら
それがいいのかなとも思うのです。

gucha
2022/11/27 (Sun) 19:37

お父様、なかなか厳しい状況のようですね。
管が辛いのでしょうね、お父様。
年齢を考えると積極的延命治療を選択するのは
つらいかなあとも思いますね。
最低限の治療を私なら選択するかなあと
思います…。

りおんさん、コロナの中ですので、
限られた時間かもしれませんが
お父様との時間、穏やかにお過ごしください。