fc2ブログ

かりんちゃんの腫瘍がはじけてしまったので獣医へ行ってまいりました泣

DSC_7542_00001_202207051752197d6.jpg

かりんちゃん、本日獣医へ行ってまいりました。
右ひじの腫瘍が皮膚を破ってはじけたようになって
出血してしまいました。
👆 紫色の布は、包帯です。

日曜日の夜、寝る前に、牧草を足そうとしたら
牧草入れにかすかに血のように見えるものが付いていて
どこから出血したのか確認したのですが
わかりませんでした。

DSC_7520_00001_20220705175150ee5.jpg

月曜日の朝、へやんぽが終わって
新しく入れたばかりの牧草を食べていたかりんちゃん。
牧草入れの前から移動すると、牧草入れに血痕が!!(゚ロ゚屮)屮
(画像のお色を一部編集しています)
腫瘍の下側ばかりをチェックしておりましたが
腫瘍前面にはじけたような大きな傷が開いておりました💦
昨日(月曜日)は、超絶不調だったわたくし。
ひどいめまいがあって、車の運転は絶対にムリでしたので
以前いただいていた塗り薬をつけて
傷口を気にしてなめていたので、対策としてスタイをつけていただきました。

DSC_7521_00001.jpg

絶不調の体に鞭打って、牧草入れを加工いたしました。
腫瘍が当たる部分をのこぎりでカット

DSC_7540_00001.jpg

包帯を巻くか、解放して傷を乾燥させるか
どちらにしますか?と聞かれました。
どちらにも欠点はあります。
わたしは、傷は乾燥させて治したい派 なのですが
何かの理由で、包帯を巻くことが必要になったときのために
巻き方を教えていただくことにいたしました。
実際に包帯を巻いてみると、腫瘍自体が固定されるのと、お傷が保護できるので
しばらくは巻いたほうがいいのかもしれない、と思いました。

DSC_7546_00001_20220705175221636.jpg

傷口の皮膚の再生を助ける塗り薬 と
抗生剤と止血剤を混ぜた服用薬
ペット用の伸縮包帯
テープ
そして右下↘のものは、なんと生理用ナプキン!!
吸収性に優れているので、ガーゼなどを当てるよりもいいのだとか。
これを傷口の大きさに合わせてカットして使います。
それと、大きな腫瘍があること自体、栄養も体力も奪われるので
なるべくごはんをたくさん食べられるようにしてください
とのことでした。

ここからは、わたしの考えなのですが・・・
かりんちゃんの腫瘍は、おそらく悪性のものだと思います。
ものすごい速さで大きくなっていて
皮膚をも破る勢いなので・・・。
呼吸が少し荒くなってきているし
へやんぽの時もあまり動き回らないし
ケージの中ではほとんど眠っていて
わたしがいても気が付かないことが多くなってきています。
たぶん・・・
かりんちゃんも、そう長くはないと思います。
できることはあまりないのかもしれないけれど
わたしにできることは、すべてやる。
かりんちゃんが、痛みやつらさを少しでも軽減できるように。
それは多分、わたしの後悔が出来るだけ少なく済むことにも
つながるのだと思う。

🌺

体調は、午前中遅くになって7割ぐらい回復いたしました。
昨日一日サボったので、今日はやることがいっぱいでした💦
獣医へ行ったあと、じゅうにんたちのお世話をして
買い出しに行って、外金魚さんたちの換水
全て終わったのは、夕方6時でした~💦
またさんにメールして、夜ごはんを買ってきてもらいました。
明日からは完全復活いたしますよ!!
(๑•̀ㅂ•́)و✧

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真・生き物写真へ
にほんブログ村


動物写真ランキング


スポンサーサイト



SHARE

コメント 5

There are no comments yet.
AzTak
2022/07/06 (Wed) 05:36

そうですか。かりんちゃんの状況が心配ですね。
幸い台風の勢いが収まり、少しりおんさんの勢いが戻りそうで良かったですね。悔いの残らないケアが必要ですが、…。

まーず
2022/07/06 (Wed) 14:34

腫瘍がはじけて出血してしまうほど大きくなってるって事なのかな。
今後の事は何とも言えないけれどかりんちゃんにとって
一番穏やかに過ごせるようにしてあげるのが一番だね。

体力が戻って来て良かったねぇ。
そうなるとりおんさんがまた、ガンガン動き出しそうw

もふもふミッフィー
2022/07/06 (Wed) 18:25

かりんちゃん、痛かったでしょうね。。。
腫瘍が大きくなりすぎて、皮膚までも破ることがあるなんて、想像もしませんでした。

それに、腫瘍があるせいで栄養までそちらに吸い取られてるなんて!!
本当にその腫瘍が憎いです!!

でも、どうにもならないのであれば、なるべくかりんちゃんの負担が無いようにしてあげるのが大事ですよね。
まずは痛みを出来るだけ軽減させる。
そして、より快適に暮らせるようにしてあげること。

りおんさんは、そのどちらもしっかりサポート出来てると思います。
もし、本当にかりんちゃんがこの先そんなに長くないとしても、りおん館でこれまで通り幸せに暮らせれば、それが一番ほんにんも望んでいることだと思います。
だから、痛み止めのお薬などあれば、それらを活用しながら、これからも今まで通り賑やかなじゅうにんたちと一緒に穏やかに過ごして欲しいと思います。

りおんさんもいくつもの事が重なって、ダウンしてしまったと思います。
7割回復しても、またいつものようにバリバリ動き出すと、またダウンしてしまうかもしれないから、少しずつペースアップしてくださいね。

なっつばー
2022/07/06 (Wed) 23:18

かりんちゃんは毎日幸せに過ごしていることでしょう。
我が家にも高齢さんや病気の仔が居るので、毎日を穏やかに過ごせるようにと思ってお世話させてもらっています。
何がいいのかは分からないままですが、お家でゆっくり過ごすのが一番かな・・・と。
かりんちゃん、美味しいもんたくさん食べて体力付けましょうね。
美味しいは幸せですよね。

gucha
2022/07/07 (Thu) 21:48

かりんちゃん、心配ですね。
でも、りおんさんやまたさんと
穏やかに過ごして、のんびりと時間が
たっていくのがよいのかも
しれませんね。

りおんさん、無理なさらず…ですよ。

うさぎ